「男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査」とくるみんマーク

男女の雇用機会の均等化はだいぶ昔から言われていますが、諸外国に比べると日本はまだまだ進んでいないですよね。

今回上げている調査内容は、女性が職場で活躍できるように推進する「ポジティブ・アクション」の取り組みによる効果を調査したものです。

現状、女性の役職者が少ないとか、役職者になる前に退職してしまうなどの問題をどう改善して行くかという取り組みなのですが、「くるみんマーク取得企業」、簡単に言えば子育て支援の進んでいる企業は、それが改善されつつあるという結果です。

この取り組みの結果、

「女性のモチベーションが上がった」
「女性の勤続年数が伸びた」
「女性の役職者が増えた」

ということになっているらしいですが、そりゃそうですよね。^^

確かに、企業側からしてみたら「負担」は大きいかもしれないですが、それを負担と捉えるか、自社をさらに伸ばしていくための「布石」と捉えるかで、取り組み方もだいぶ変わると思います。

まぁ、全部は読まなくて結構ですが、興味のある方はご覧ください。

▽記者発表「男女正社員のキャリアと両立支援に関する調査」調査結果 (PDF:574KB)
http://www.jil.go.jp/press/documents/20130312.pdf

蛇足ですが、昔、私のいた会社では女性社員が少なく、社員から「女の子が少ないとモチベーションが上がらん!」という声が出て、積極的に女性登用を進めた結果・・・。

社内結婚が爆発的に増えました。(笑)


 

このページの先頭へ