「若者雇用戦略」骨子案など議論

katsuです。

例によってちょっと前のニュースですが、5月15日、掲題の内容について「雇用戦略対話ワーキンググループ(若者雇用)」が行われました。

上のリンク先は、書類の量が多いので全部読むのはムリ(笑)だと思いますが、「資料6」の「若者雇用戦略の骨子(案)」をざっと見れば、こういうことについて話してるんだな、というのがわかります。

中には、

「ワーキングプア1000万」
「若者の正社員が300万人減った」
「若者の二人に一人が非正規社員」
「非正規」は派遣解禁で増えた

これらは全て誤ったデータであって、本質は若者うんぬんよりも、

「ジェンダー」+「学歴」

の2つが、明確な要因であるという資料があり、とても興味深かったです。
※その資料はこちら

また、それだけでなく、提示された「解決策」の中に、シゴログ(「食べログ」ならぬ「シゴログ(仕事ログ)」 )やブラック企業排除の仕組みなどが提言されていて、本当にこういうのちゃんとやったらさぞかし面白いのになー、と思いました。

企業情報のデータベースが使えるなら私が作りたいくらいです。シゴログ。(笑)


 

このページの先頭へ