平成26年度「新入社員働くことの意識」調査

久々のコラム更新です。気になった記事がありましたもので。

公益財団法人 日本生産性本部が発表している『「新入社員働くことの意識」調査』。

由緒正しい調査なのですが、26年度版の概要としては、「新入社員の”ほどほど志向”さらに高まる」という結果になったそうです。

以下、引用です。

●「人並みか人並み以上か」では、「人並みで十分」が今年度さらに増加(昨年49.1→52.5%)。「人並み以上に働きたい」(昨年42.7→40.1%)を大きく上回り、過去最高だったバブル末期と同様の売り手市場時の意識になってきた。

●「どのポストまで昇進したいか」では、昨年度「社長」が過去最低(12.7%)を更新したが、今年度は「専門職<スペシャリスト>」が過去最低(19.9%)を更新した。この10年の傾向として昇進志向とスペシャリスト志向双方の弱まりが見られる。

●「この会社でずっと働きたいか」とする回答は、「この会社に定年まで勤めたい」が一昨年度34.3%で過去最高の数値となったが、昨年度は30.8%に減少し、本年度さらに28.8%まで減少した。ここしばらく増加していたが、景況感の好転とともに減少に転じている。

●「残業は手当てがもらえるからやってもよい」が急増し、昨年度の63.0%から69.4%と過去最高を更新した。昨今のブラック企業・残業未払いのニュースをみて、残業はいとわないがそれに見合った処遇を求めている傾向がうかがえる。

●「デートか残業か」では「残業」(81.3%)、「デート」(18.3%)と、プライベートな生活よりも仕事を優先する傾向が伺えるが、ここ数年は、やや「デート派」が増加(昨年15.7%)している。

●「第一志望の会社に入れた」は、一昨年度の60.9%から昨年度52.0%と大幅に減少し、設問設定以来で最低だったが、本年度は55.0%とわずかに改善した。

私も会社員時代は仕事よりもプライベート派でしたし、社畜になって働けなんてことは絶対に言いません。

が。

厳しいことを言えば、経営者が要らないのはこのタイプなんですよねー・・・。

効率的に仕事をやるためにスキルを上げ、給料以上の利益を会社にもたらす(またはもたらそうという「意識」がある)人は、おいそれとはリストラされません。

仮にリストラされて失業したとしても、すぐに再就職できるでしょうし、起業してもうまくいくでしょう。

逆もまた然りです。

「働いていればお金がもらえる」。当然、労働者の権利です。

が、給料を多くもらおうと思えば、それ相応の努力と実績が必要だということを、会社を辞めてしまう前に覚えておいて欲しいと思います。

超久々の辛口でした。w


 

このページの先頭へ