知人の会社の役員です。報酬はもらっていません。


はい、収入の有無にかかわらず、役員は雇用保険の対象外です。 やめましょう。(笑)

ただし「取締役○○部長」のように事実上業務を遂行している場合は、「兼務役員」と認定されれば、「会社との雇用関係にある」とされ雇用保険に加入することができます。

兼務役員のハローワークへの申請は「兼務役員になったとき」です。

これはさかのぼり申請は認められないので、あとで後悔しないために、役員になるときは「兼務役員」に該当するのかどうかを確認して、雇用保険をはずされないように気をつけましょう。


ただし、「社長(雇われ社長も)」「監査役」は従業員との兼職は商法で認められていませんので、兼務役員になることはありえません。

ご注意くださいね。

 

スポンサードリンク

サイト内検索

 

 

メニュー

「失業保険のもらいかた」に戻る

プライバシーポリシー

トップページへ | 妊娠で退職しましたが・・・ »


Copyright (C) 2004-2012 失業保険のもらいかた All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。