求職活動と認められる活動

さて、失業保険の受給において、なによりも大事なのは 「求職活動を行う」 ということです。

そもそも失業保険は、仕事を探している人に支給されるものですので、仕事を探さなければもらえないのは当然なんですね。^^;

 

そこで 「何をすれば求職活動と認めてもらえるの?」 という疑問も当然起こるでしょうから、ここにその内容を並べますね。

 

 

ハローワークで職業相談をする、職業紹介を受ける

はい、結構大変そうで割とオススメです。 やりかたはこうです。

職業相談のやりかた
  • ハローワークにおいてある紙の求人情報を見て、いいのを何か探す。
  • 番号札を取って待つ
  • 呼ばれたら「この求人の詳しい情報を知りたいんですけど」という。
  • 求人票がもらえるので、何か質問する。応募するかどうかは帰ってから考える。

 

一丁あがりです。

 

とにかく求人に応募

文句なしで求職活動です。落ちれば失業保険があなたを待っています。

ちなみに、失業の認定を受けるには認定日~認定日の間に2回以上の求職活動が必要ですが、応募した場合は1回でOKになります。

 

あと、 「応募しようとした (求人している企業に電話をかけて詳しい話を聞くなど) 」 というのも応募した、しないにかかわらず求職活動になります。

 

ハローワークで求人を自己検索する 。

一番簡単でだれもがやります。ハローワークでパソコンで検索して求人票を自分で出すだけです。w

重要な追記(2010/12/15)

2005年頃から、「ハローワークのパソコンによる求人検索だけでは求職活動として認められない」という状況が増えつつあり、最近までは実際に求職活動として認められない現状がありましたが、この不景気でハローワーク側の対応も変わってきているようです。

U.S様よりメールで貴重な情報提供をしていただきましたので、記載(というか転載)いたしますね。

===(以下転載)===

現状でも、会社やハローワークから退職時・申請時にもらう冊子には単なる求人検索は積極的な求職活動としては認められないとの記載があります。

しかし説明会では、

「現在の有効求人倍率や実際の求人状況などを考慮すると、応募要件や年齢制限などもあり該当の求人へ応募できないなどの実情がでてきています。その為、ハローワークのパソコンを使った求人検索でも求職活動として認めることにしています。」

との説明をされました。

ただしという前置きで、以下のように念を押されました。

「ただし、使用後に求人検索機を利用したという確認のスタンプを雇用保険受給資格者証に受けていただくことが必要です」とのことでした。

ようは、検索だけでもしょうがないけど証拠残せよなということのようです。

私も例によって求人検索をして相談・紹介を受けたのですが、その際に聞いた話ではほとんどのハローワークでは今回のような措置(求人検索を活動として認める)を実施するようになりはじめたそうです。

ただ、恒久的なものではなく本来は認めないというスタンスは同一のようです。

担当者によると、次のような場合には求人検索だけでは認められない恐れもあるそうです。

  • 必要最低限の回数の(求人検索のみの)求人活動
  • 18歳~20歳代前半くらいなのに最低限の求職活動回数でしかも求人検索のみ
  • 提出した求人票に記載した希望条件が非現実的(月給100万とか時給7000とか←どこのキャバ嬢だw)で求人検索する
  • 勧められた就職相談セミナーや就職相談を理由もなく拒否しておいて、求人検索しかしない

失業給付受給者が飛躍的に増え、保険料ではカバーできなくなりつつある昨今では、かなり厳格にチェックするようにしているそうで、単純に回数をカバーしただけでは「(積極的な)求職活動」とは認められにくくなっています。

===(転載ここまで)===

まぁ、多少ゆるくなったのはありがたいですが、その前に失業保険を使わないでも済むような状況に、早くなってもらいたいものです。^^;

 

U.S様、長文かつわかりやすくて丁寧な情報のご提供、ホントにありがとうございました!

 

ハローワークの初回講習を受ける

これも求職活動ですw。

ハローワークに初めて行くと、「次は○月○日に来て下さい」といわれます。その日に行くと、なんかビデオを見せられます。いわゆるハローワークの利用方法などですね。

 

ハローワークなど、公的機関主催の求職活動支援セミナーに参加

これはハローワークにポスターなどが貼ってありますので見てみましょう。「履歴書の書き方」とか「自己分析法」とか、小さいのから大きいのまでいろいろあります。

 

ちなみに私は、 これに応募して寝坊してバックレました

 

個別相談ができる企業説明会に参加

よく電車の張り紙で「○○就職フェア」なんてのがありますね?あれです。

あれで各企業に個別相談すればOKです。ちなみに2社に相談すれば求職活動の実績は2つです。

 

各種国家試験、検定などの資格試験の受験

どれが該当するのかは詳しくは調べてないですが 、「秘書検定」とか「危険物取扱」とか「ヘルパー○級」とかそういうのならOKでしょう。

 

「京都・観光文化検定試験」とか、私が取得した「銭湯検定」はたぶんダメじゃないかと思います。w


 

おおざっぱですが、大別してだいたいこんなものです。

 

なので、「失業保険をもらおうとしてるのに、求職活動をしてうっかり行きたくもない会社に入ったらどうしよう・・・」などという心配は皆無です。

 

でもしっかり求職活動してください。w


 

このページの先頭へ