サービス残業なんてするな

「うちはサービス残業ばっかりだから関係ないよ・・」

 

この言葉にウンウンとうなづいたそこのあなた!

そんなことはやめましょう。誰にも義理立てする必要はありません。その上、会社をやめようと思っているならなおさら!

 

「残業代付かないなら残業しなければいいんです。」

 

きっと、 イヤというほど働いて日報に付けられないんですよね?

「みんな付けてないから・・・」という日本人ならではの理由で 。

ダメです。そんなことをしては。

 

考えてもみてください。

あなたは「働きすぎて、過労死しました」

 

証拠はどこにあるんですか?

労働時間を日報に付けないということは、自分で証拠隠滅して会社に有利にしてしまっているんですよ?

もし、あなたが働き盛りの妻子ある男性だったら、思い浮かべてください。

奥さんの証言

「私の旦那は働きすぎて会社に過労死させられました」

 

会社側弁護士

「旦那さんは残業なんかしてません。毎日内緒でどこかで遊んでたんじゃないですか?」

 

極端な例えですが、これ、耐えられますか?

 

もしあなたがサービス残業なんてことをしているのであれば、すぐさま会社に対して物申すか、 労働基準監督署 に駆け込みましょう。

 

サービス残業なんてものは、百害あって一利なしです。(個人的には、その企業の「本当の生産性」が計測できなくなり、経営者も利益向上のための経営努力をせずに、負荷を従業員に押し付けるのが当たり前という状況になる、というのが理由です)

 

だいたい、

会社辞めるときにむちゃくちゃな残業の証拠が残っていれば『 会社都合退職 (※)』で辞められます。※正確には「正当な理由による退職(特定理由離職者)」です

 

 

じゃあ早速会社やめましょうか! 次へ >>

 

■ついでに。


小竹式7日間「未払い残業代請求プログラム」


 

このページの先頭へ