退職の際に~手続きあれこれ

さて、退職の際に必要な手続きを一通りまとめてみました。

すぐに次の就職をするかたは次の会社に入ったときに肩代わりしてやってもらえることも多いですが、そうでない場合は自分でする必要があります。

 

健康保険

保険証を、今までお勤めになっていた会社の健康保険組合にて作っていた場合(いわゆる社会保険)、引き続きその組合の保険証を使用できる任意継続というものがあります(最高2年間継続できます)。

 

通常、当該保険組合に2ヶ月以上在籍した場合につかうことができるもので、 退職後20日以内に必要書類を当該の保険組合に持参します。

持参するもの
  • 任意継続被保険者資格取得届
  • 印鑑
  • 初月分の保険料

 

遠方の場合のみ郵送可としているとこが多いはずです。

 

メリットとしては、その健康保険組合が所持している保養所等の福利厚生のための施設が使用できること、会報誌の配布、無料相談等のサービスが今までと変わらずに受けられることがあげられますね。

 

また、ここが重要なのですが、 場合によっては国民健康保険より安くなる場合があります。

 

国民健康保険料は、前年の所得から算出されますが、 任意継続保険の場合は、退職時の標準報酬月額か、定められた標準報酬月額のいずれかの、低い方の額に保険料率をかけた金額になります。

 

ここは気合を入れて計算して、安いほうの保険に入りましょう。(どうせ同じ3割負担ですしね・・・)

 

国民健康保険に切り替える場合は、速やかに(2週間以内程度)地域の役所、行政センター等で申請を行わなくてはなりません。

 

切り替えないとどうなるの??

「私は病院に用はないから大丈夫」というかたも大勢いらっしゃるかもしれません。

ただ、万が一高額医療に掛からなくてはならない場合、『保険証がほしい』と思っても、 未払い期間を過去3年間にさかのぼって 保険料を納めなければなりません。

ざっくり計算すれば3年間では最低 ¥500,000- くらいでしょうか。

 

誰かの扶養に入れるのなら、潔くそうしたほうがよいかもしれないですね。

 

厚生(or国民)年金

会社を退職して国民年金に切り替える方は、 地域の役所 に行かなければなりません。いわゆる「国民年金第1号」というのになります。

手続きは非常に簡単、かつ機械的です(笑)。

役所に持参するもの
  • 本人・配偶者の年金手帳(または基礎年金番号通知書)
  • 退職年月日のわかるもの

 

これだけ持っていけばOKです。

当日は現金は不用です。後日、ゴッソリと納付書が自宅に送られて来ます。

 

これはしばらく間を空けても大丈夫ですが、2年間を過ぎると納入することができなくなります。都合25年間分、年金を納めていれば受給資格が得られますのでふんばって納めておきましょう。

 

え?

 

年金問題があるのにそんなことやってられるかって?

人生設計は人それぞれですので、納めるか納めないかはあなたにお任せいたします。(笑)

 

ちなみに、私も学生の時は1円も納めておらず、今さら払うことも不可能です。(あははは・・・)

 

ちなみにですが、普段の健康保険料や年金支払額を減らすマニュアルも存在しますので一応お伝えしておきますね。

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

社会保険労務士が監修しているみたいですので信用度はそこそこあると思われます。

ただし、私katsuは中身を見ていないので保障はできかねます。^^;

 

給与天引きの生命保険等

通常、退職後に生命保険会社より銀行引き落としに切り替えるための書類が送られてきます。今までいた会社で手続きを進めてくれる場合は何もする必要はありません。

 

ご自分で切り替えをされる場合は、「生命保険料口座振替申込書」といったような名称の書類がくるので、それを記入して生命保険会社に郵送するだけです。

 

中に、「金融機関口座確認印」といった欄があるのが普通ですが、これはご自分が通帳を作成した支店・本店でなくても、最寄の支店で確認印を押してもらえます.

ですので、 会社が遠くて、かつ会社の近くの金融機関の口座をもっている場合に、一瞬ご心配されるかもしれませんが、近所で結構です。

 

また、これを機に生命保険を見直してみるのもいいかもしれませんね。契約したときとは明らかに人生設計が変わるわけですし。

 

私の場合は、さっさとやめて目の前の現金(解約金)に飛びつきました。(涙)

 

退職金申請

「退職金」を退職した際にもらうことのできるキャッシュの総称として捕らえた場合、

 

  • 雇用保険から支払われるもの
  • 年金基金の退職一時金 (後年、加算年金としてもらうか、その時点で受け取るか選択になります)
  • 会社の精算金
  • 会社独自の退職金制度

 

などが考えられますが、このうち、通常自分で手続きをするのが 年金基金の退職一時金 です。

老後の楽しみに加算年金として受け取ることももちろん可能ですが、ここは目の前のキャッシュに飛びつく方がおおいのではないでしょうか。

 

退職手続き後、しばらくすると会社より退職所得の源泉徴収票が送られてくると思いますので、これが届いたら間髪置かずに申請しましょう。

入金されるまでしばらく時間がかかりますので早いにこしたことはありません。

 

詳細については退職の際に総務の方などに聞いていただければ大丈夫です。なにも難しいことはありません。

ただし、ご自分がいた会社の、 厚生年金基金の事業所番号を確認するのを忘れないようにしてくださいね。

 

さぁ、予備知識はこんなもんでいいですか?

 

では無職の扉を開きましょう


 

このページの先頭へ