必殺!転職成金コンボ

辞める気もなかったのに失業すると誰もがお先真っ暗な気分になります。

そりゃそうですよね、「定収入」がなくなるわけですから・・。

 

でも、もうなくなった仕事に未練をもっても仕方がありません。

ここは前向きになるべく、

「会社を辞めたおかげで小金持ちになる、必殺!転職成金コンボ!」

をお伝えいたしましょう。(笑)

 

今まで失業保険を掛けてきたかと思いますが、ご存知のとおり(?)失業保険は

「20年以上はいくら払い続けても、給付日数は変わらない」

という特徴があります。

 

つまり、転職した先で長く勤めるつもりで、なおかつできるだけ早く転職したいのであれば、

「再就職手当てをバッチリもらって、失業保険を一回リセットしたほうがおいしい

ということです。

 

このあと順番に理由を説明しますね。それこそが転職成金コンボを勧める理由です。^^

 

さて。

基本的に、再就職手当は失業保険を満額もらった場合と比べて3割程度しかもらえませんので損をした気分になります。

が、失業保険を満額もらうということは、その90日~330日(45歳~60歳で20年以上掛けてきた場合)の間、収入は今までの6割程度になってしまうため、

のんびりできるのはいいが、生活レベルは確実に下がる

 

ということです。

 

なので、ご家族などがいらっしゃる場合は、のんびりしている場合ではないということです。

では、再就職手当をもらうとどんな感じになるかをお伝えしましょう。

 

 

もちろん、就職もするので、お給料も翌月からは安泰ですね?

一応念のため、再就職手当をもらわない場合もお伝えしておきましょうね。

すぐに就職を決められるかたはこれでもいいかもしれません。

 

違いはおわかりいただけたと思いますが、再就職手当をもらうだけではつまりません

再就職手当をもらうには、(自己都合退職の場合は)ハローワークに求職者登録して1週間の待期期間のあと1ヶ月以内、つまりだいたい5週間くらいですが、この間はハローワークから紹介を受けた職場に就職しないと、再就職手当てはもらえません

 

逆に言えば、その期間を過ぎればどのような手段で就職しても、再就職手当がもらえるということになります。

 

ということは・・・。

 

「就職祝い金がもらえる転職会社を使ってOK」

 

ということになります。

もうお気づきですか?^^

 

そう、

「退職してハローワークに行ってから5週間以降をメドに、就職祝い金のある転職会社を使って転職し、再就職手当をもらう」

これをやると、前の会社にいれば、これから(もらえる日数が増えもしないのに)掛け続けていかなければならなかった失業保険を一回リセットして、

 

  • 就職しているからもちろん生活も安定し
  • おまけにハローワークと転職会社から数十万のキャッシュを手に入れ
  • そのまとまったお金は好きに使ってOK、ちょっとしたボーナス

 

という、転職成金コンボの完成です。(笑)

このコンボを狙うなら、ジョブセンスリンクなどの「就職祝い金制度」のある転職会社に登録しておきましょう。

次の会社をすぐ辞める予定のある方(笑)は失業保険を残しておいたほうがいいかも知れませんが、最初に書いたとおり今後も長くお勤めになる予定でしたらうまくやってみてくださいね!


 

このページの先頭へ