残業代の未払い請求をしよう

経営者が聞いただけで震え上がる(笑)、「残業代の未払い請求」。

有名な企業でも結構よくある話ですが、通常の賃金の未払いも含め、残業代の請求は労働者の正当な権利となります。

少なくとも、残業代をカットされて必要以上にサービス残業を強いられているのであれば、100%と言っていいくらい、法律違反の状態です。

※「裁量労働」を採用して逃れているところもありますが、これは「労働時間を自分の裁量で好きなように変更できる」から裁量労働なのであって、そうでない場合は単に残業代を出さないための適当なこじつけです。

 

この辺については、最低限の労働法とか労働基準法などを勉強して知識武装をする必要がありますが、基本的には

残業代は出ない、というルールは無効

と覚えておくといいです。

 

さて、とは言えまだ就労中に会社に金よこせと言って訴訟を起こすのも結構勇気がいるでしょうから、通常は会社を辞めるときに

「残業代、もらってない分を請求できないかなー・・・。」

となるわけです。

 

もちろん、会社と真っ向から戦うには事前に証拠などをちゃんと残しておく必要があったるするわけですが、とにもかくにも、まずは残業代をちゃんともらっていたら、今ごろいくらもらえてたのかという計算だけはしておきましょう。

法律事務所の中には、残業代請求無料診断シミュレーターなどを用意しているところもありますので、今のうちに計算しておくと会社をやめる際に残業代請求するのが楽しみになるかも知れません。(笑)

 

あ、でも逆上れる期間は「2年間」だけですので、行動を起こすのであればお早めに。


 

このページの先頭へ